ブラックスキャンダル

ブラックスキャンダル最終回のネタバレ!結末は予想外!?

投稿日:

こちらでは、復讐ドラマ「ブラックスキャンダル」の1話から最終回までのネタバレを公開しています。

ブラックリベンジと同じ脚本家で同じ復讐モノですがブラックスキャンダル最終回の結末は予想外の展開に!?

ブラックスキャンダルのネタバレが気になる方はぜひ最後までご覧ください。

 

スポンサーリンク

ブラックスキャンダルあらすじ

今から5年前、女優として活躍をしていた藤崎紗羅(松本まりか)は、週刊誌に不倫のスキャンダルをスクープされてしまう。

でも実は、その不倫スキャンダルは事実無根の嘘の報道だった。

 

そのことを釈明すべく、会見を開くことになった。

紗羅がこの不倫の報道は嘘だと説明をするための釈明会見のはずが、突如そこに不倫相手と報道された俳優の棚城健二郎(波岡一喜)が現れた。

そして、あろうことは棚城は不倫を認め、土下座までして報道陣の前で謝罪を始めたのだ。

 

「不倫なんかしていません!」という紗羅の叫び声も虚しく、かき消されていく。

 

そんな中、その様子を冷ややかに見ていたのは、所属事務所の社長勅使河原友和(片岡鶴太郎)とマネージャーの花園由祐子(平岩紙)、プロデューサーの五色沼仁(袴田吉彦)だ。

 

世間は不倫をした紗羅を猛バッシング。

紗羅の母までもがマスコミの餌食となり、精神的に追い込まれていった。

そして、紗羅の母は「娘をどうか許して下さい」とカメラの前で謝罪をし、自らガソリンをかぶり、焼身自殺をとげる。

それをテレビ越しで見た紗羅は、全てを失い、無になっていた。

 

そして、紗羅は整形手術を受け、顔も声も変え、矢神亜梨沙(山口沙弥加)という別人になり、紗羅の所属していた事務所でマネージャーとして勤務することに。

 

そこまでした亜梨沙の想いはただ1つ。

不倫報道をでっちあげ自分を地獄に突き落とした勅使河原、花園、五色沼たちを自分と同じ地獄に突き落すこと。

 

 

紗羅の復讐劇はどのような結末を迎えるのか・・・!?

 

スポンサーリンク

ブラックスキャンダルとブラックリベンジの脚本家は同じ

ブラックスキャンダルと同じ枠で放送されていた木村多江さん主演のブラックリベンジは、同じ復讐ドラマで、どちらの脚本家も「佐藤友治」さんです。

 

簡単に共通点を説明すると

  • 復讐ドラマ
  • 主人公が別人になり、復讐をする
  • 芸能・マスコミ関係の仕事
  • 復讐の発端が「不倫」

などなど。

 

結構軸となる部分が同じなので、ブラックスキャンダルもブラックリベンジのようなかなりのドロドロな展開になることが予想されます。

 

スポンサーリンク

ブラックスキャンダル1話のネタバレ!

5年前ーーーー

「わたし、不倫なんてしていません」

多くの報道陣、カメラの前でフラッシュを浴びながら、そう叫んでいたのは、人気女優の藤崎紗羅(松本まりか)。

 

紗羅はまったく身に覚えのない不倫のスキャンダルを週刊誌にスクープされ、その釈明の会見をするはずだった。

しかし、突然不倫相手とされた俳優の棚城健二郎(波岡一喜)が会見場に現れ、「申し訳ありませんでした!」と、紗羅のと不倫を認め、涙ながらに土下座をした。

 

報道陣は「彼のご家族に申し訳ないと思わないんですか!」と紗羅を糾弾する。

身に覚えのない報道、状況に「この人の言っていることは全て嘘です。不倫なんかしていません」と叫ぶ紗羅。

だが、その言葉がきちんと届くことはなかった。。

 

そんな紗羅の姿を、所属事務所の社長、勅使河原友和(片岡鶴太郎)、マネージャーの花園由祐子(平岩紙)、テレビプロデューサーの五色沼仁(袴田吉彦)が冷ややかに見ていた。

そして、その様子を嬉々として写真に収める巻田健吾(片桐仁)の姿も。

 

不倫報道に世間は紗羅を猛バッシングし、激化する報道は紗羅の家族をも追い込んでいく。そして追い詰められた紗羅の母は取材のカメラが回っている目の前で、「どうか、娘を許してやってください」とガソリンをかぶって焼身自殺をとげる。

偽りの不倫報道により紗羅は全てを失うこととなった…。

 

スポンサーリンク

 

そして時が経ち――

 

紗羅は整形手術を受け、顔も声も変え、矢神亜梨沙(山口紗弥加)という別人に成り代わった。

 

亜梨沙は、かつて紗羅が所属していた芸能事務所『フローライト』にマネージャーとして勤務をすることに。

フフローライトには、勅使河原社長と、花園もいる。

 

フローライトで亜梨沙が働く理由はただ1つ。

「……偽りの謝罪会見で私を地獄に落とした勅使河原友和、花園由祐子、五色沼仁。彼らをみんな、私と同じ地獄に突き落とす!」

亜梨沙は復讐心を燃やしていた。

 

事務所では、勅使河原社長の息子の勅使河原純矢(安藤政信)が率いる芸能1部と、花園が率いる芸能2部とで、勢力を二分して競い合っていた。

花園は、かつて女優だった紗羅のマネージャーで、勅使河原純矢は紗羅の元婚約者。

 

芸能2部では、業績が悪いということで、オーディションに落ちまくっている若手女優の小嶋 夏恋(小川 紗良)の首を切ろうとしていた。

 

だが、プロデューサーの五色沼仁の手がける作品のオーディションに夏恋は意欲を見せており、マネージャーとして亜梨沙がサポートすることに。

亜梨沙と演技について話をしたことで、夏恋は自分らしい演技をすることで、オーディションに合格をすると意気込んでいた。

そんな夏恋に声をかけ、呼び出しをしたのは花園。

 

花園は夏恋に五色沼のいるホテルの部屋番号を渡す。

 

スポンサーリンク

夏恋は迷いながらも五色沼のいるホテルに足を運ばせた。

そこで、夏恋は本意でないものの五色沼と身体を重ねることに。

役のためだと自分に言い聞かせながらも憔悴している夏恋。

 

そんな夏恋に五色沼から連絡があり、追い打ちをかけるように2回目のホテルへの呼び出しがあった。

 

その一方で花園と電話をする五色沼は「今回のドラマはすでに他の人に決まってるんだ。代わりに他の人使うから」と、夏恋をオーディションに合格させるつもりはないと話していた。

 

元気のない夏恋を気にかけた亜梨沙は、夏恋から五色沼のことを聞き、五色沼の待つホテルへと向かうことに。

 

真っ暗なホテルの部屋にやってきた五色沼は「夏恋ちゃーんどこー?」と嬉しそうに声をかける。

そんな五色沼の耳元で、五色沼に目隠しをし、そういうプレイを楽しもうと囁く。

 

夏恋の意外な一面に興奮を隠せない五色沼は、ノリノリで楽しみ始める。

 

その瞬間、目隠しをされ手をしばられた五色沼のいる部屋の照明がつき、カメラと亜梨沙が姿を現す。

五色沼に枕営業についてたずねると、五色沼は枕営業を認める発言をしたのだ。

 

亜梨沙は、新しい番組の番線の映像を唯菜と結託し、五色沼の枕営業を認める発言とすり替え、世間にリアルタイム配信をすることに成功をした。

 

五色沼はプロデューサーでいられなくなり、地方で雲隠れをして、ほとぼりが冷めるのを待つことになった。

だが、亜梨沙はそんなことは許さない。

 

亜梨沙が五色沼に5年前の紗羅の会見のプロデュースについて問い詰めると、自分もまさかあんなことになるとは知らなかったと、会見を開かせたことは認めたが、反省の色は見えず、棚城が謝罪しに来るとは知らなかったと言った。

 

そんな五色沼に亜梨沙は、「一滴残らず地球上から干されて消えて」とある動画をネット上にアップロード。

 

その動画は、かつて五色沼の枕営業の餌食になった女性のインタビュー。その動画を撮りためた亜梨沙は、1カ月に1動画ずつアップすると言い、全ての動画が流れるまでに5年の月日が経つことを教えた。五色沼のことを世間から決して忘れさせない。

 

 

五色沼が絶望の淵に立たされていると、その様子を見つめる巻田健吾(片桐仁)の姿が…。

 

スポンサーリンク

ブラックスキャンダル最終回のネタバレ!結末は予想外!?

ブラックスキャンダルは原作のないドラマなので、最終回の結末やネタバレは今は分かりません。

 

ですが、ブラックスキャンダルと過去に放送されているブラックリベンジの脚本家が同じだという事で、共通点が多くあるということを紹介させていただきました。

 

となると、今後の展開も予想ができるんですよね。

 

亜梨沙と成り変わった紗羅は、不倫報道をでっちあげた事務所社長の勅使河原、花園、五色沼たち全員に復讐を遂げることとなる。

 

が・・・

 

紗羅を地獄に突き落とした不倫報道をでっちあげた黒幕が他にいて、それは紗羅の近しい人物。

そして、その黒幕は、紗羅に復讐をあおるような人物であり、過去に紗羅にされたことを根に持ち、紗羅に復讐をさせることが復讐だと思っている人物。

 

紗羅は、全員に復讐をとげるものの、スッキリすることのない胸の苦しい人生を歩んで行くこととなる。

 

ブラックリベンジとブラックスキャンダルは軸になる部分がかなり似ているので、同じような展開になるのではないかと思われます。

 

ブラックリベンジの別の人バージョンって考えると分かりやすいかもしれませんね。

 

それで、この黒幕が誰なのか…というところですが、怪しいのは紗羅の事務所の後輩女優の阿久津唯菜(松井玲奈)、紗羅の元婚約者の勅使河原純矢(安藤政信)この2人ですね。

 

紗羅にどのような恨みがあるのかが気になるところですが、紗羅に近く、復讐を煽る感じで言うと阿久津唯菜が黒幕説が濃厚かなといったところでしょうか。

 

番組放送終了後にどんどん追記をしていきます。

 

-ブラックスキャンダル

Copyright© TVの話題やドラマ情報発信局 , 2018 AllRights Reserved.