ドラマ・映画・マンガ

初めて恋をした日に読む話の原作ネタバレ!結末は誰と結ばれる?

投稿日:

初めて恋をした日に読む話の原作マンガのネタバレ公開中

初めて恋をした日に読む話の原作1感から最新刊までのネタバレを公開しているので、気になった方はチェックしてみて下さいね。

モテモテの順子は、誰と結ばれる結末になるのでしょうか。

原作漫画を無料で読む方法も合わせて紹介しています!

スポンサーリンク

初めて恋をした日に読む話原作1巻ネタバレ

31歳厄年を迎えた春見順子。

ある日、婚活をして付き合った東大出身・会社員の安田さんに振られてしまう。

順子は、東大の受験にも失敗していて、婚活も失敗してしまったのだ。

そんな順子のことを母親は、東大なくて仕事もぱっとしなくて結婚もダメになった厄介者だと思い、情けなく思っている。それをひしひしと肌で感じる順子は、東大に落ちたことがコンプレックスで引きずっていた。

趣味もなく情熱もなく日々迷走中で、塾講師を行っていた時にガラの悪い男子学生の不良集団に遭遇。目があった若者のことが不思議と気になる。

翌日、仕事でもなかなか成果が見られないことから、上司から契約の見合わせも検討すると告げられてしまう。

順子が出勤をするとある男性の顔が見え、その後ろからは不良集団の1人が現れた。男性は不良少年の父親で、少年のことを「社会的に価値のなんもないゴミ」だと罵る。

それを聞いた順子は「人にゴミとか言う人間の言うことなんて聞かなくていいわよ」と少年に対して告げる。そして「私みたいなつまんない大人に絶対なるな!今ちゃんと反抗して、大人に怒られなさい!好きなだけ暴れなさい」と声を荒げて伝えた。

それは順子が過去の自分に伝えたいことがでもあった。

翌日、順子はとんでもないことを言ってしまいクビになったと思い、塾へ最後の挨拶に向かうと、後ろから不良少年がやってきて、声をかける。

「オレを東大に入れてくれない?」

 

スポンサーリンク

不良少年の名前は、由利匡平。南高の2年生だった。 南高はかなり偏差値の低い学校である。

「父親をギャフンと言わせるために東大に行きたい」と言う匡平に対して、「自分で道を選んで自分の人生歩みなさい」と順子は言う。

すると匡平は、「偉そうなことを言って、自分に自信がないだけじゃないか」と帰っていくことになった。

 

塾講師と言う道以外を考えなければならなくなった順子は求人誌を居酒屋で読みながら悩んでいると、八雲雅志がやってきた。

雅志は、東大に現役合格をしたいとこ。

順子にとって雅志は、一緒にいると気が合う仲間だった。仕事に関しても恋に関しても心配をしてくれる雅志と話をした帰り道、警察に「高校生なのにこんな遅い時間に何をしているんだ」と声をかけられているを匡平発見。

順子はとっさに、その場を逃げるために匡平を連れて走りだしていた。

順子は、匡平に話を聞くと早く家を出たいから時給の高い夜勤で歳をごまかしてバイトをしていたと聞かされる。そして、匡平から「これ教えて」と見せられたのは、順子の塾に置いてあった学力テスト。

匡平は自分でテストを持ち帰り勉強をしていたのだ。

順子は、自分は塾をクビになるから教えてあげられないけど、その頑張りは無駄にはならないと匡平にエールを送り、その場を後にする。

スポンサーリンク

塾長から「あなたの授業には出来なかったことが出来るようになるって楽しい!と言う思いを伝えるものがなかった」と言われへこんでいると雅志に遭遇。

雅志からは「永久就職って考えは無いのか」と結婚を意識するような発言をされるものの、順子は鈍感で全く気づかずにいた。

雅志から食事に誘われ、OKをした後に「大学の事は忘れろ。もう自由だから、学生時代できなかったことを今いくらでもやればいいじゃないか」と言われ、順子は考えさせられる。

雅志とわかれ、順子の頭には、塾長が言っていた“喜び”を不良少年が感じられたら、順子自身まで嬉しいのではないかと思い始めていた。

そんな時に、匡平のヤンキー仲間に遭遇。匡平の過去を聞くと、元々頭が良かったのに、親に友達と縁を切れと言われ、ムキになって偏差値をさげて、自分たちと一緒にいると聞かされる。そんな匡平のことを友達が誰よりも心配していた。

過去の話を聞いたことによって、匡平の「東大に入れてくれ」と言う覚悟の重さを実感することになった順子。

 

雅志との食事の約束の日。

 

塾にいる順子の元に匡平がこの前のテストを持って「勉強を教えてくれ」と熱意を持ってやってきた。

その熱意に押された順子は、雅志との食事は断り、一緒に勉強をすることに。中学校卒業レベルのテストではあったものの、7時間かけて満点を取ることができた。

そして順子は匡平と一緒に東大を目指す覚悟を決めた。

スポンサーリンク

塾長に頭を下げ、塾で働かせてほしいと懇願した順子は、そのまま塾で働けることになった。

順子から、匡平は東大に合格をするには「募集人数の多い理一」か「最低合格点が低い理二」を受けるようにすすめられるが、「理三を受ける」と言い始めた。

そんな時に匡平を合コンに友達が誘ってきて、揉めていると、たまたま順子の友達の美和と遭遇。

そして、順子と美和と匡平友達の7人で合コンに参加をすることになった。

 

女子高生はイケメンの匡平にしか興味がなかったが、匡平は順子と話をしていて連絡先を交換することすら出来なかった。

匡平に恋愛は今しか出来ないから理二か理一を受けるなら恋愛していいよと、番号交換をすすめる順子。

匡平は「それよりお前の番号教えてくれ」と言うが順子は「塾の決まりで教えられないの」と答える。お会計の時にも匡平がお金を払おうとすると「高校生には払わせられない」と順子から子ども扱いをされたことに、もどかしい気持ちを抱える匡平だった。

翌日、塾で勉強をしたあとに

匡平は、「ひとつ聞きたかった」と最初の日に何でお父さんに怒ってくれたのかを順子に問う。

順子の口からは、最初に見た時から目に焼き付いて離れなかったことを話す。「夜道にピンクの髪がなびいて、学生時代に憧れたもの全部が詰まって見えた」と言い、だからお父さんがゴミだといったことに対して「うるせ」と思っちゃったということだった。

そんな時に、匡平の姿が見えていない塾の仲間から、匡平のお父さんが官僚だということを知らされる。

そして、「失敗できなくない?大丈夫なの?変わってもらったら?責任とれって言われたらどうすんの?」と、言われると順子は「責任は自分で取るんです!自分の結果なんだから!彼がやるって言う以上、私逃げたくないです」と熱い言葉を放つと、その言葉を嬉しく感じた匡平は順子の膝に頭を乗せる。

スポンサーリンク

「逃げたくない」」という順子の言葉を胸に響かせながら匡平が歩いていると友達から電話がかかってきた。

電話に出ると呼び出しをされ、向かうとこの前の合コンの相手とガラの悪い集団がいた。女子高生はこの前の合コンでバカにされたと逆恨みをして、こらしめようとしたらしい。

殴られている匡平をたまたま順子が見つけて、すごい形相で「こらー――将来棒にふりたいのか」「もっと大切にしなさい」と匡平にビンタをくらわせる。

その帰り道、順子が匡平になんで理三にこだわるのかを聞くと、匡平は自分が理三に受かったら順子のコンプレックス晴らせるからと答えた。

それを聞いた順子は「ありがとう。でもユリが受かったらそれだけでコンプレックスはなくなりそう」と言い、頑張ろう!と頭をなでる。

その時、匡平の気持ちは順子に向き始めていた。

 

初めて恋をした日に読む話の漫画を無料で読む方法!

初めて恋をした日に読む話2巻ネタバレ

この間の合コンで出逢った女子高生が、順子の務める塾に姿を現し、匡平もその場に飛んできた。

高校生は江藤美香と言い、匡平に惚れたから、一緒に塾で勉強をしたいと言ってきた。そんな中、順子はなぜか美香に「男いないでしょう?」と説教くらうことに…。

その途中で「もういいだろう」と順子を連れ出す匡平。そして、匡平からは「お前ちゃんと寝てんのか」と心配をされるものの、順子は「教師は生徒の場合理解しなきゃいけないから」と参考書をどさっと渡した。

「送ってやろうか?バイクで」と言う匡平に、順子は断ってバイバイをするすると、そこへいとこの雅志がやってきた。 そして、「車で送って行こうか」と順子に言うと「ラッキー」と車に乗り込む順子。

そんな順子を寂しそうな目で見つめる匡平。

車の中では、雅志が匡平の制服を見て南高だと察知し、東大受験大丈夫なのかと心配をする。順子は、それに対して「不思議な位夢じゃない気がするし、生まれて初めて勉強が楽しい」とイキイキした様子で語った。この感覚がまるで“初恋”のようなと感じていた。

スポンサーリンク

美香は、匡平が順子のことが好きなことに気づき、順子と匡平の2ショットを写真に撮り「SNSに流す」と脅してきた。そして、その場を去ろうとした時に足を踏み外して階段から転げ落ちそうになる。

それを順子と朝平田助けようと一緒に3人とも階段から落ちることに…。

匡平の家に謝りに行った順子だったが、匡平の父から、「経歴を調べたが、あなたに東大合格を導くことはできない」と言われ、担当を変わるように言われてしまう。

匡平は父に「担当変わってまで短大受験なんてやらないよ」と突っぱねる。

順子は、受け持つ生徒がゼロになったと凹んでいると、塾に匡平が現れ、「お前じゃないと受験なんてやってられないって言って塾の契約書を書いたけど何も言われなかった」「俺が受かってないから絶対に見返す!ってか、お前が投げんじゃねぇ」と言われ、その言葉に順子は泣きそうになる。

スポンサーリンク

2人で塾に一緒にいると台風の影響で停電になってしまう。話は順子の親の話になり、順子は母は私も東大に入るのが当たり前だと思ってたから私以上に受験の実態から立ち直れてないのかもしれないと語った。その話を聞いて匡平は思わず順子の頭に顔をつける。

すると電気がついて一緒に帰ることになった。

「家まで送ってく」と匡平は順子の家まで行くと、両親に対してテストの答案を見せ、「春見先生に教えてもらって生まれて初めて勉強が楽しい!がんばりますのでこれからもお世話なります」と告げて帰っていった。

順子の母は、それを聞いて「あんな不良が生徒なんてさすが三流塾」と言ったものの、父親は「そんなこと言ってくれる生徒がいるって知ってお母さん喜んでるようにみえた」と順子に伝えた。

そんな中、順子は南高に塾の募集をするための授業をしに行くことになる。南高で教師として働いていたのは、高校の同級生の山下くん。

山下くんは、かつて順子が同じ高校で勉強教えて点が上がったことで有名で、順子に告白をした人物でもあった。

南高での授業を終え、美和や匡平たちと晩御飯を食べながら飲む順子。

お酒のペースが早く、シャツに赤ワインをこぼして洗いに行くことになった。

スポンサーリンク

そこへ匡平が行くと、美和だと勘違いした順子が匡平に抱きつき、「美和ーさっきは本人の前で言えなかったけど、私はゆりくんを絶対に合格させたい。今あの子に夢中なの」と話をした。

匡平は「酔ってない時に言ってもらえますか」と嬉しそうにする。

泥酔気味の順子を送るために車で迎えに来たのは雅志。そんな雅志から出張で軽井沢に行くけど休暇がてら一緒に来ないか?と誘われる順子。

順子は匡平から離れられないと断るが、塾の合宿と南高の合宿も同日程で軽井沢で行われることに気がつき、時間を作って雅志と会う約束をした。

翌日、順子と美香と匡平で塾合宿の話をしていると順子が「ゆりと2人で行きたい」と言い、その後「冗談よ、捕まるわ17歳だよ」とさらっと言うと匡平はその言葉に腹を立てて帰ってしまう。

翌日、匡平は塾を無断欠席していた。

その日、山下くんとたまたま会った順子は山下のことを少しいいなと思いながらも山下が結婚していることをしり、落ち込む。

スポンサーリンク

その頃、美和とたまたま会った匡平と美香。美香が「順子先生に匡平くんにちょっかい出さないように伝えてください」と美和に言うと、美和は「17歳でしょ?順は手出さないよ」と言う。

それを聞いて匡平は「17歳から好きって言われたら迷惑ですか?」と疑問を投げかける。

 

その一方、雅志は、軽井沢出張に行くために仕事を詰め込んでいて、体に限界を迎えていた。

順子と電話をしていた雅志から急に電話が切れると、雅志は倒れこむ。それを見つけた匡平は順子に電話をかけ、来てもらうことに。

雅志のやり遂げたい仕事を知り、順子がそれを手伝うべく、三重までトラックを走らせることになった。

一緒に乗り込んだ匡平に塾を休んだことを叱責した順子は、それを勉強に応用し、問題を解かせると匡平は答えることができ、喜びの表情を浮かべる順子。

無事仕事がおわり、匡平が朝食を買いに行き、トラックの車内には順子と雅志の2人きり。

 

すると弱った雅志は順子を抱きしめながら

「好きだ」と告白。

 

そのシーンを匡平が見てしまい…。

 

初めて恋をした日に読む話の漫画を無料で読む方法!

-ドラマ・映画・マンガ

Copyright© TVの話題やドラマ情報発信局 , 2020 AllRights Reserved.