ドラマ・映画・マンガ

君は月夜に光り輝く映画キャストや相関図!あらすじについても!

投稿日:

永野芽郁×北村匠海のW主演の映画「君は月夜に光り輝く」のキャストや相関図、あらすじについて紹介をさせていただきます。

映画「君は月夜に光り輝く」は、佐野徹夜さん作の小説が原作で、『命の輝き』を描く物語です。

果たして、どのようなキャスト陣がこの映画を盛り上げてくれるのでしょうか?

スポンサーリンク

君は月夜に光り輝く映画の原作

2019年3月15日に全国で公開されることが決まった映画「君は月夜に光り輝く」。

映画「君は月夜に光り輝く」には原作がありますので、はじめに紹介をさせていただきます。

 

原作は佐野徹夜さん作の「君は月夜に光り輝く」です。

原作を読んで涙した人は多いのではないでしょうか?

命について深く考えさせられるストーリーで、かなり純度の高いラブストーリーとなっています。

 

「君は月夜に光り輝く」がどのような物語なのか、あらすじを紹介させていただきますね。

スポンサーリンク

君は月夜に光り輝く映画あらすじ

大切な人の死から、どこかなげやりに生きていた高校生の岡田卓也(北村匠海)は、入院中の同級生・渡良瀬まみず(永野芽郁)にクラスの寄せ書きを届けるため、病院へ足を運ぶ。

 

まみずが患う病気は、原因不明の“発光病”。

月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなると言われている。

 

“発光病”の患者は病院から出ることが許されず、成人するまで生きることが出来ない。

 

卓也は、余命わずかなまみずに、死ぬまでにしたいことがあると知り…まみずの“叶えられない願い”を代わりに実行し、その感想を伝える「代行体験」を行うことに。

 

体験を重ねるごとにまみずは人生の楽しみを覚え、卓也はまみずに惹かれていく。

 

人生が楽しくなり、恋心が芽生え、充実すればするほどに、迫りくる死の恐怖が2人を襲うのであった。

 

そして、命のともしびが消える瞬間、まみずが卓也に託した最期の代行体験とは…?

 

“今を生きる”すべての人に届けたい、最高のラブストーリー。

スポンサーリンク

君は月夜に光り輝く映画のキャスト

続いて、命をテーマにしたこの映画を盛り上げてくれるキャストの紹介です。

 

岡田卓也 役 北村匠海

 

北村 匠海(きたむら たくみ

生年月日 1997年11月3日
出身地 東京都
身長 175 cm
血液型 B型
所属事務所 スターダストプロモーション

主な出演作品
「信長協奏曲」、「ゆとりですがなにか 」、「仰げば尊し」、「隣の家族は青く見える」

渡良瀬まみず 役 永野芽郁

永野 芽郁(ながの めい)

生年月日 1999年9月24日
出身地 東京都
身長 163 cm
血液型 AB型
所属事務所 スターダストプロモーション

主な出演作品
「僕たちがやりました」、「半分、青い。」「ひるなかの流星」

 

その他のキャスト

甲斐翔真

松本穂香

今田美桜

優香

生田智子

長谷川京子

及川光博

詳細が発表され次第追記していきます

 

スポンサーリンク

君は月夜に光り輝く映画の相関図

 

相関図が掲載され次第紹介をさせていただきます。

 

君は月夜に光り輝くの見どころ

月の光を浴びると体が淡く光る“発光病”の少女を中心に物語が進んでいきます。

小説を読んだだけでもイメージできるのですが、病院の暗いなかで、“発光病”の少女が月下で光り輝く姿を映像で見たら、美しいのではないかと思います。

 

とても儚い光ではありますが、この映画を通して命の尊さ、命の輝きを伝えてくれること間違いなしでしょう。

 

今は、夢や希望を持てずになにげなく生きている人が多くいると思います。

でも見方を変えれば、生きているだけで幸せなこともたくさんあります。

 

せっかくなら、好きなことをやって楽しんで人生を満喫してみたらいいのかも!そう思わせてくれる作品です。

-ドラマ・映画・マンガ

Copyright© TVの話題やドラマ情報発信局 , 2018 AllRights Reserved.