ドラマ・映画・マンガ

ラストフレンズタケルの過去・トラウマの衝撃の事実の内容とは?

投稿日:

長澤まさみさん主演のドラマ「ラストフレンズ」のタケル(瑛太)の過去・トラウマの衝撃の事実が判明しました。

ラストフレンズでは、タケルに女の人恐怖症です。なぜ女の人に対して、過剰に反応をしてしまうのかはタケルの過去のトラウマに隠されていました。

この衝撃の過去(トラウマ)の内容は…

スポンサーリンク

ラストフレンズでタケルは女嫌い

ラストフレンズで、瑛太さんが演じるタケルは女嫌いです。

というよりも、女性が苦手なんですね。

そして、お姉さんのことさえも避けているんですが、このことはタケルの過去が関係しているという風に匂わされていました。

女嫌いで、お姉さんさえもさけるタケルの過去には一体何があったのでしょうか?

最終回でその事実が明らかになりました。

 

スポンサーリンク

ラストフレンズタケルの過去・トラウマの衝撃の事実の内容

ラストフレンズの最終回で、タケルは瑠可(上野樹里)と一緒に海で話をしていました。

そこで、過去のことをタケルが告白するのですが、そのタケルの苦しそうな様子を見て瑠可は途中で『言わなくていいよ』と言い、過去の話を中断させました。

 

それほどまでに苦しいタケルの過去の衝撃の内容について説明をしていきます。

 

タケルの親は再婚をしています。

なので、避けていたお姉さんとは血がつながっていません。

10歳年上のお姉さんでした。

 

タケルの父親が威圧的で、怒りっぽかったことに義理の母親は何も言うことが出来ず、姉に押し付けていました。

 

そのことから、ストレスに押しつぶされそうだったお姉さんは、幼いタケルを味方につけようと、性的なことをして離れさせないようにしてしまいます。

 

このことにより、タケルはトラウマを抱えることになり、女性恐怖症となってしまいました。

女性の肌をみることも、そういった行為をすることさえにも恐怖をかんじるようになってしまったのです。

 

義理の姉とはいえ、性的なことで押さえつけられた幼い子の気持ちを考えると胸が苦しくなりますね。

瑠可が泣くタケルに「タケルはちゃんと恋愛できるよ」と慰める姿に涙。

関連記事ラストフレンズ 最終回 ネタバレ!結末は衝撃で予想外の展開に?

スポンサーリンク

ラストフレンズの結末もとんでもないw

ラストフレンズ最終回の簡単なネタバレです。

見たくない方は、お気を付けください。

 

 

美知留(長澤まさみ)は夫である宗佑(錦戸亮)にDVをされていて、宗佑は結構頭のネジがぶっとんでしまってるストーカー気質な男性になっていました。

 

そんな宗佑は、まさかの自殺を遂げます。
宗佑からの遺書には、

「美知留へ

さよなら 美知留。

君を自由にしてあげるよ。生きてる限り ぼくは君をしばってしまう。

だから君に自由をあげるには、この心臓をとめるしかない。

僕は君のすべてになりたかった。君の見る世界のすべて。君を照らす光のすべて。君の感じる喜びのすべてでありたかったんだ。

どこまでもいつまでも僕は君とひとつでいたかったんだ。

でも君は僕のいない世界に幸せをみつけてしまったんだね。

だから僕は逝くよ。

せめてまだ君のぬくもりがこの手に残っているうちに。
君とひとつになれたことをこの体が覚えているうちに。

ごめんね。

君の笑顔が大好きだったのに笑わせてあげられなくて。

ごめんね。

愛し方がわからなくて。

ごめんね。

僕が君を幸せにできなくて。

さよなら美知留。幸せにね」

と書いてありました。

重すぎるw

 

そして、美知留は宗佑の子供を身ごもっていることが判明。

 

タケルと瑠可が一緒に育てようと言ってくれ、美知留は出産をして4人でシェアハウスをして暮らすという結末です。

 

とにかく過激なラストフレンズですが、久々に見ると面白いですね。

関連記事ラストフレンズ 最終回 ネタバレ!結末は衝撃で予想外の展開に?

 

-ドラマ・映画・マンガ

Copyright© TVの話題やドラマ情報発信局 , 2019 AllRights Reserved.